自己推薦入試
総合政策学部 井上慈元  私は、AO入試で慶應義塾大学総合政策学部に合格しました。

 私の母は、特別支援学校の教諭をしており、私自身障がいを持った方々と触れ合う機会が多い環境でした。
その中で、障がい者が生活面や教育面など厳しい環境におかれていることを知り、私が障がい者に対して何かできることはないかと考えました。
そこで私は、生まれ故郷である大崎上島で障碍者の生活を支援する社会起業家になろうと決めました。
その夢を実現するために、多様な分野から積極的に履修可能な慶應義塾大学総合政策学部に受験することを決めました。

AO入試の受験内容は、1次試験は志望理由書・自己PRを含めた書類審査、2次試験は30分間の面接でした。
 志望理由書は、6月から慶應義塾大学のOBの方や高校の先生とともに書き始めました。
志望理由書は単に「なぜ慶應義塾大学に入学したいか」だけではなく、「入学後どのような研究をし、将来に役立てていくか」をプレゼンテーションする内容でした。

毎日、夜遅くまで高校のメディアセンターに残り、OBの方や先生のご指導のもと何度も何度も書き直しました。時には障がい者同士のシェアハウスを行っている施設や、障がい者を雇っている企業に取材を行うことで、志望理由書の内容をより具体的にしました。志望理由書の作成は締め切り直前まで続きました。
その結果、何とか1次試験の書類審査に合格することができました。

2次試験の面接は、実施日まで2週間というわずかな時間しか残されていませんでした。
最初のうちは、緊張で上手く話すことができず、とても話しにならない状況でしたが、1日に何回も数をこなすことでだんだんと良くなっていきました。
そのおかげで試験当日はあまり緊張せず面接を行うことができ、2次試験も見事合格することができました。

 私がこの経験を通して皆さんに伝えたいことは、自分で決めたことにあきらめずに信念を突き通すということです。私は最初、苦しいことの連続で何度も何度も途中であきらめようとしていましたが、親や大学のOBの方々、先生の方々にも相談をしながら、アドバイスや励ましの言葉をいただき本当に助けられました。
最後にやるのは自分なんだ、自分がやらないといけないんだという意識を持ち、自分自身の信念を曲げず、一生懸命頑張りました。その結果、慶應義塾大学に合格できたのだと思います。

皆さんにも絶対に信念を曲げず、これからの高校生活や人生を歩んで行ってほしいと思います。

総合政策学部 井上慈元


一般入試
法学部法律学科 重増耕太郎 私は一般入試を経て慶應義塾大学法学部法律学科に入学しました。

 高3の夏に部活を引退しそこから本格的な受験勉強を始めました。しかしそれまで勉強をせずに部活ばかりしていたので思ったように成績は伸びず満足のいかない結果に終わりました。そこで一年間の浪人を決意しました。浪人時の第一志望は国立の大学でしたが、私立では慶應義塾大学に通いたいと思っていました。そして一年間ひたすら勉強した結果、第一志望合格はなりませんでしたが、幸い慶應義塾大学法学部法律学科に合格することができました。

私は正直言って「効率のよい勉強」ができないので、勉強法について語ることはできません。ただ一つだけアドバイスするとすればメリハリのある勉強を心がけることが大切だと思います。勉強するときはする、気分転換するときはするというようにしっかりとオンオフを分けることで辛い受験勉強も乗り切ることができると思います。ただ、気分転換ばかりではだめですよ。受験中に精神的に追い詰められることも多々あるかもしれませんが、そこで諦めることなく勉強を続けてください。

慶應義塾大学では本当に数多くのサークル・部活があり、いろいろと迷った結果、ボクシングというスポーツの面白さ、我が部の雰囲気の良さに惹かれて入部を決意しました。入学当初は第一志望に行けなかった悔しさが多少なりともありましたが、現在は慶應義塾大学にて最高の部活と出会えたことで充実感のある大学生活を送っています。

法学部法律学科 重増耕太郎


指定校推薦
理工学部 徳山雄太 私は指定校推薦で理工学部学門4に入学しました。

私はもともと理系ということもあり高3の夏休みまでは国立大学を志望していました。そんな私がどうして指定校推薦をとったのか、それは慶應義塾大学に国立大学以上の魅力を感じたからです。例えば、理工学部に限って言えば学科選択が2年生になる時にあるため1年をかけて自分の学びたい分野を判断し、進路を決定することができます。また、教育の質、学生の質いずれも非常に高く国立大学に劣りません。文系に関しても、司法試験や公認会計士試験に強く、社会からの評価も非常に高いため、就職活動において有利になることは間違いないです。

 次に指定校推薦についてですが、よく指定校推薦で入った人は学力が低いとか、授業についていけない、などと言われる人がいますが、全くそんなことはありません。むしろ、指定校推薦の人は優秀な人が多いと感じます。また、指定校推薦は一般入試よりも合格が決まるのがかなり早いため、その時間に免許をとったり、TOEICの勉強をしたりすることができるためとてもお得です。そして、何と言っても指定校推薦は定期試験を他の人よりも少し頑張ればもらえるため、一般で受験するよりも効率的かつ確実です。指定校推薦を考えている人は定期試験の勉強もしっかりしてください。

 大学では色々なサークルや部活があり、やりたいことは何でもできます。私は大学に入ってから本気で頑張りたいことがありませんでした。私がボクシング部を選んだのはボクシング部が本気で強くなろうとしていることを感じたからです。今は少しでも、人として、ボクサーとして、強くなるために一生懸命練習に励んでいます。

理工学部 徳山雄太