部長挨拶
kosuge_hayato.jpg

ボクシングは魂のスポーツ

慶應義塾體育會ボクシング部のHPをご覧くださり有難うございます.

ボクシング部は1925年(大正14年)10月1日,慶應義塾拳闘倶楽部として創設されました.以来、90年以上にわたって,孤独の中で自分と向き合う不断の鍛錬と,相手によって自己を高める切磋琢磨によって齎された,強靭な肉体と不屈の精神を持つ多くの卒業生を輩出してきました.これらの卒業生たちが,世界のさまざまな場において,福澤先生が慶應義塾の目的とした「全社会の先導者」となっています.選手だけではなく,指導者,マネージャー,体育会,三田会,義塾が一体となって,誠心誠意,ボクシング部の活動を支え,それに応えて,部員たちは,卒業後,アマチュアボクシングを通して与えられた勇気を社会に還元してきました.その歴史を私たちは誇りに思っています.

ボクシングは相手を殴り倒すことを目的としたスポーツではありません.自分と向き合うことで,人間性を修養する道場です.リングに上がるまでに積み上げられた練習と自己節制を織り込んだ選手の時間,技術の向上を選手と共に考え試行錯誤を繰り返す指導者の時間,選手を物心両面において応援することで安心して試合が行えるように尽力する応援者の時間が,3分3ラウンドの試合に結晶すると言っていいでしょう.ボクシングは,相手の肉体と直接向き合い,触れ合うスポーツであるだけに,自分への甘えを戒め,相手への敬意を忘れず,感謝と自信と誇りを胸にリングに上がることを私たちは常に心掛けています.そして,リングには多くの人の魂が宿っていると私たちは思っています.

 全ての学生スポーツは,安全で健全なものでなければなりません.特に私たちは,ボクシングが,絶対的に安全を確保しつつ,自分を高めることで相手を高め,相手からもまた自分を高めてもらう魂のスポーツであることを忘れないようにしています.そして,早稲田大学をはじめとして素晴らしいライバルに恵まれ,関東大学リーグ戦という場を与えられていることに心から感謝をしています.ボクシングにはいろいろな関わり方があります.ボクシングに関心のある学生,受験生の皆さん,日吉キャンパス・蝮谷(まむしだに)の部室に遊びに来てボクシングの魅力の一端に触れてください.部員一同,皆さまを心より歓迎いたします.

慶應義塾體育會ボクシング部 部長 小菅 隼人

監督挨拶
ohkurakouhei2.jpg

皆様、こんにちは。監督の大倉紘平です。

自己紹介

私は中等部から慶應義塾に学び、慶應義塾高等学校在学中にボクシングと出会い、一目惚れし、大学卒業まで7年間選手として活動しました。2008年に大学を卒業後、コーチとして部に携わり、2021年夏、監督に就任しました。 現役時代を振り返ると、試合で勝利した瞬間はもちろんですが、自分の限界を超える努力をした日々、仲間と同じ目標に向けて切磋琢磨した日々等、全ての時間が宝物です。日々の努力を重ねるボクシングを通じて得ることのできる成果、築きあげるものには計り知れない価値があると確信しています。

チームの紹介

現在は関東大学2部リーグに属し、2部リーグ優勝を目指して日々精進しています。スポーツ推薦制度がなく、大学からボクシングを始める選手が大半の我が部は、強豪校に勝つため、理論的かつ実践的な練習に全力で取り組んでいます。 「全社会の先導者」になることが慶應義塾の理念のひとつにあります。慶應義塾體育會ボクシング部がアマチュアボクシングという世界において、先導者になれるよう、「ただ強いだけのチーム」ではなく、「憧れとなるチーム」「尊敬されるチーム」を目指しています。

メッセージ

ボクシング経験、スポーツ経験は不問です。必要なのはPositive Attitudeです。 選手、スタッフとして入部した皆さんと共に成長できることを心待ちにしています!

慶應義塾體育會ボクシング部 監督 大倉 紘平

主将挨拶
kazuya2.JPG

2部優勝に向けて

慶應義塾體育會ボクシング部主将の松村 和弥です。 我が部に興味をお持ち下さりありがとうございます。

私たちの部の強みは環境の良さです。
頭を使って考える機会の多さと、そのような機会をより充実したものにするトレーナーやマネージャー、強力なOB陣が揃っており、成長を続けることのできる環境が整っています。
そして、部活に切磋琢磨して取り組むことができる、かけがえのない仲間を得ることができます。
大学からボクシングを始めて結果を残したOBの方や現役選手も多いだけでなく、コロナ禍という逆境でも成長し続けることができる、成長の機会に恵まれた環境こそが、我が部一番の強みです。

実際に2020年、コロナ禍で活動の制限を大きく受けながらも、私たちは成長を続けました。
12月5日、第64回早慶ボクシング対抗戦を実現し、その成果を存分に発揮しました。
無観客での開催ではありましたが、試合をオンライン配信することで、例年よりも多くの方に慶應ボクシング部の活動並びにアマチュアボクシングを見て頂くきっかけとできたと思います。

試合に出る選手だけでなく、マネージャーやトレーナー陣を中心として部員全員が、無観客でも試合を盛り上げる活動に取り組みました。
また、OBをはじめ、学内学外問わず、多くの関係者の力があって早慶戦が実現しました。
ぜひ、こちらから様子をご覧下さい。
https://youtu.be/B0zFgnfkVcE

私たちは現在、関東大学ボクシングリーグ2部優勝を目指して活動に励んでいます。ボクシング部での活動は自分と向き合う機会が本当に多く、学生生活が充実します。4年間ボクシング部で成長し活躍したい思いがあれば経験・未経験は問いません。少しでも興味のある方は是非、体験・見学にお越しください。

慶應義塾體育會ボクシング部 主将 松村 和弥




主務挨拶


ボクシング部の日々


我々ボクシング部は、今年度、関東大学ボクシングリーグ戦において「2部リーグAクラス入り、早慶戦6連覇」という目標を掲げ、選手だけでなく、指導陣・選手・トレーナー・マネージャーが一体となって部を盛り上げ、日々練習に励んでおります。高校で成果を残した推薦組の選手が多く在籍する2部リーグで、大学からボクシングを始めた選手が多い我々が試合を勝ち抜いていくことは簡単なことではなく、厳しい環境の中でリーグ戦を必死に戦い抜いています。


ボクシングは個人競技ではありますが、試合までの過程、練習やサポート面等、チームスポーツ以上の繋がりが存在するからこそ、厳しい練習・試合において選手が自分の力を発揮し、活躍することが出来ると日々痛感しております。
今後とも部員一体となってボクシングの魅力に触れ、楽しむと同時に全力で取り組んで参りますので、ご声援の程宜しくお願い致します。


慶應義塾體育會ボクシング部 主務 高橋 加帆