部長挨拶

ボクシングは魂のスポーツ

慶應義塾體育會ボクシング部のHPをご覧くださり有難うございます.

ボクシング部は1925年(大正14年)10月1日,慶應義塾拳闘倶楽部として創設されました.以来、90年以上にわたって,孤独の中で自分と向き合う不断の鍛錬と,相手によって自己を高める切磋琢磨によって齎された,強靭な肉体と不屈の精神を持つ多くの卒業生を輩出してきました.これらの卒業生たちが,世界のさまざまな場において,福澤先生が慶應義塾の目的とした「全社会の先導者」となっています.選手だけではなく,指導者,マネージャー,体育会,三田会,義塾が一体となって,誠心誠意,ボクシング部の活動を支え,それに応えて,部員たちは,卒業後,アマチュアボクシングを通して与えられた勇気を社会に還元してきました.その歴史を私たちは誇りに思っています.

ボクシングは相手を殴り倒すことを目的としたスポーツではありません.自分と向き合うことで,人間性を修養する道場です.リングに上がるまでに積み上げられた練習と自己節制を織り込んだ選手の時間,技術の向上を選手と共に考え試行錯誤を繰り返す指導者の時間,選手を物心両面において応援することで安心して試合が行えるように尽力する応援者の時間が,3分3ラウンドの試合に結晶すると言っていいでしょう.ボクシングは,相手の肉体と直接向き合い,触れ合うスポーツであるだけに,自分への甘えを戒め,相手への敬意を忘れず,感謝と自信と誇りを胸にリングに上がることを私たちは常に心掛けています.そして,リングには多くの人の魂が宿っていると私たちは思っています.

 全ての学生スポーツは,安全で健全なものでなければなりません.特に私たちは,ボクシングが,絶対的に安全を確保しつつ,自分を高めることで相手を高め,相手からもまた自分を高めてもらう魂のスポーツであることを忘れないようにしています.そして,早稲田大学をはじめとして素晴らしいライバルに恵まれ,関東大学リーグ戦という場を与えられていることに心から感謝をしています.ボクシングにはいろいろな関わり方があります.ボクシングに関心のある学生,受験生の皆さん,日吉キャンパス・蝮谷(まむしだに)の部室に遊びに来てボクシングの魅力の一端に触れてください.部員一同,皆さまを心より歓迎いたします.

慶應義塾體育會ボクシング部 部長 小菅 隼人

監督挨拶

一枚岩となって

平素は格別のご高配を頂き、厚く御礼申し上げます。

皆様の熱いご支援により、2014年度に関東大学ボクシング部2部昇格を果たした後、2018年度は4位となり、二部残留を決めることができました。

三田会・指導陣・部員一同、一枚岩となり、更なる上のポジションを目指して、日々出身の異なる部員たちが切磋琢磨しながら精進して参ります。

今後とも、ご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

慶應義塾體育會ボクシング部 監督 佐藤 友治

主将挨拶

2部Aクラスに向けて

我々慶應義塾大学體育會ボクシング部は第71回関東大学リーグにおいて、なんとか2部残留という結果を残しました。日頃よりサポートして下さる監督、コーチ、OB及び関係者の皆様方のおかげでございます。平素より格別のご高配、誠にありがとうございます。

今年度我々は2部Aクラスを目標に厳しい練習を乗り越えてきました。しかし、昇格した日本体育大学に対して、5−2で惜敗し、2部Aクラスを逃してしまいました。来年度は、2部の他大学はスポーツ推薦で補強をし、さらに強力な相手となることが予想されます。そのような状況でも、我々は来年も2部Aクラスを目標と致します。もちろん法政大学、平成国際大学、日本体育大学がいる中でAクラス入りすることは今年よりもより一層の努力が必要です。 目標を達成するためには、日頃からの練習に対する意識をより上げること、チームとして高いレベルで機能することが必要です。今年は新たにフィジカルコーチを招き、前年度以上にハードなメニューをこなしております。加えて、積極的に他大学やプロのボクシングジムへ出稽古に行き、実践的な練習を行っており、必ず2部Aクラスを達成できると確信しております。

監督、コーチ、OB及び関係者の皆様、我々の掲げる目標は決して簡単に達成出来るものではありませんが、来年の夏には笑ってリーグ戦を終えられるよう、部員一同精進してまいりますので応援のほど宜しくお願い致します。

慶應義塾體育會ボクシング部 主将 井上慈元

主務挨拶

ボクシング部の日々

我々ボクシング部は、今年度、関東大学ボクシングリーグ戦において「2部リーグAクラス入り、早慶戦4連覇」という目標を掲げ、選手だけでなく、指導陣・選手・トレーナー・マネージャーが一体となって部を盛り上げ、日々練習に励んでおります。高校で成果を残した推薦組の選手が多く在籍する2部リーグで、大学からボクシングを始めた選手が多い我々が試合を勝ち抜いていくことは簡単なことではなく、厳しい環境の中でリーグ戦を必死に戦い抜いています。

ボクシングは個人競技ではありますが、試合までの過程、練習やサポート面等、チームスポーツ以上の繋がりが存在するからこそ、厳しい練習・試合において選手が自分の力を発揮し、活躍することが出来ると日々痛感しております。 今後とも部員一体となってボクシングの魅力に触れ、楽しむと同時に全力で取り組んで参りますので、ご声援の程宜しくお願い致します。

慶應義塾體育會ボクシング部 主務 谷澤莉久